会員専用ページ

はじめてのお客様へ

商品カテゴリー

啓蔵ギャラリーWebショップ
        
陶芸家 萩原啓蔵について







商品検索

決済方法が「銀行振込」のみとなりました。













[木箱入り]

黒地に白い釉薬、というのは、啓蔵作品の中ではひとつのモチーフのようでもあります。
同じ取り合わせでも、ひとつひとつ雰囲気が違うのが不思議です。

この作品を見たイメージは「きりりとした端正さ」です。
私はピアノ曲を聴くのが好きなのですが、ピアノの音でたとえるならば、硬質なピアノの音、でしょうか。


よく見ると、地味なようで、実は、白い釉薬は動きがあって力強く、表現がおもしろいです。(ここが啓蔵作品らしいところでしょうか。)
一番上から、白い釉薬をかける、というのは啓蔵らしい手法ですが、よく見比べてみると、釉薬の粘度(のようなもの)が違うのでしょう。
今回の作品のように(粘度が低い釉薬を使って)白い釉薬をかけると、きりりと引き締まって見えます。
景色が、本当におもしろい作品だと思います。

「黒白 」に関する記事、お客様のご感想

黒白 黒白



他のぐい呑みを見る


・型番 1067
・販売価格 11,000円(税1,000円)
・購入数
(直径7cm×5.5cm)




この商品を買った人はこんな商品も買ってます