会員専用ページ

はじめてのお客様へ

商品カテゴリー

啓蔵ギャラリーWebショップ
        
陶芸家 萩原啓蔵について







商品検索

決済方法が「銀行振込」のみとなりました。













お取り扱い終了となりました。


黒い地に蒼の釉薬。蒼といってもどちらかというと紫がまざったような蒼です。
(この発色をお伝えするには撮影がかなりむずかしいです。)
一番上から乳濁の釉薬がかけられていますが、白い中にも青い点が広がり、とてもおもしろい「景色」です。
黒い地の部分がごつごつした荒々しさがあり、その上に波のしぶきで蒼がはじけとぶ...イメージかもしれません。


「青と蒼と乳濁」は、まさしく啓蔵テイストですね。

「やわらくあたたかく」、そして「力強い勢いのある」作品です。


容量は、水をふるふる入れて(口元ぎりぎりまで入れて)だいたい90ccくらいです。

実際お使いになる時には、8分目くらいまでだと思いますしまた、多少誤差があるかとは思いますので、あくまで目安にして頂けると幸いです。


「蒼乳濁」に関する記事、お客様のご感想

蒼乳濁蒼乳濁蒼乳濁蒼乳濁



他のぐい呑みを見る



・型番 1117
・販売価格 7,700円(税700円)




この商品を買った人はこんな商品も買ってます